清掃機能付きエアコン

  • image
最近販売されているエアコンには清掃機能付きエアコンが増えてきています。
あまり知られてはいないと思いますが、実はこの清掃機能というのはエアコンの内部全ての清掃を行って、常に綺麗な空気を送り出してくれるという機能ではないんです。
各メーカーがアピールしているエアコンのお掃除機能の多くは、空気の吸い込み口にあるフィルター部分のお掃除のみです。このフィルターは清掃機能付きでないエアコンでは各ご家庭で簡単に取り外しができ、水洗いのできる部分です。
このようなフィルターの清掃をしたことはありませんか?このような形状の部分のみの清掃を行うのが清掃機能付きエアコンです。


確かにフィルターのお掃除の手間は省けますが、奥にある熱交換器(空気を冷やしたり温めたりする部分)や、風を送り出すファンなどは全くお手入れがされないため、汚れはどんどん溜まっていきます。

また、フィルターのお掃除機能にも、集めたホコリを外部に排出するタイプとダストボックスに溜めるタイプの2種類があり、後者では結局ダストボックスのお手入れが必要になります。

メーカーはできるだけダストボックスのお手入れの手間を減らす工夫をしていますが、基本的な仕組みは変わりません。

というわけで、残念ながら現時点でフィルターの奥まで全てキレイにできる機種はありません。

自分で掃除できるのは、エアコンフィルターや目に見える部分までなので、それ以上の汚れはプロのエアコンクリーニングに頼むのが一番です。

特に、エアコンの風からイヤなニオイがしたときは要注意。既に目の見えない奥にカビやホコリが大量に付着しています。

先日、清掃機能付きエアコンの清掃のご依頼を頂いた事例をご紹介いたします。
こちらのエアコンは購入してからまだ3年ということでしたが設置場所がキッチンのすぐ近くの場所にあり、お料理の際に出る油などの汚れが心配ということで清掃のご依頼をいただきました。
このようなタイプの清掃機能付きエアコンです。


まずは、どの程度の汚れが付いているか…




やはり、内部には油汚れのような汚れ、カビのような埃のような汚れが付着しています。
これが3年使用している清掃機能付きエアコンの状態です。
そして、清掃機能付きエアコンで、清掃されているはずのフィルター部分ですが、油が付いているせいか茶色になって汚れていました。


清掃にはいります。こちらのタイプのエアコンは空気を吸い込む吸い口部分と冷たい又は暖かい空気を吐き出す部分が上下に分かれているタイプです。まずは上の吸い口部分から洗浄します。


そして、空気を吐き出す部分の洗浄です。


洗浄して出てきた汚水です。


勿論、外側の汚れたフィルターも手で洗浄します。
最後に分解した部品を元の状態に戻し、3時間程度エアコンをつけたままの状態にして、内部を完全に乾かします。

カビは夏型過敏性肺炎や気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎といった病気の原因にもなるため、免疫力の低い小さなお子さんやご年配の方がいるご家庭では、健康維持のためのエアコンクリーニングをおすすめします。そして、エアコンクリーニングはプロでないと故障の原因になりますのでご注意ください。

エアコンクリーニングの事ならまずは株式会社ウィッシュまで
 053-489-3822

2021年6月29日





営業エリア
静岡県西部
浜松市・磐田市・湖西市・袋井市
掛川市・菊川市など

静岡県中部
静岡市・藤枝市・牧之原市・焼津市

静岡県東部
沼津・御殿場・富士・伊豆

愛知県東部
豊橋市・豊川市・田原市・新城市
蒲郡市・岡崎市

携帯・スマホからアクセス

 Related Posts